読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野心なき知性

メンヘラエンジニアの戯言

コンビニ人間を読んだ

レビュー 小説 愚痴 批判 読書

 

コンビニ人間

コンビニ人間

 

 

いつ以来の読書だっただろうか、わずか数時間での読了だった。

 

もう読み終わってしまった。

 

結論からいうと、半分まではおもしろかった。

 

残り半分は、よくわからないというかつまらなかったはっきり言って。

 

なんか、ちょっぴり時間を無駄にした感じだ。

 

これで芥川賞なら俺でも書けそうだ。