読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野心なき知性

メンヘラエンジニアの戯言

"アマ"グラマーからの脱却 ~OCJ-P Silverを取ります ~

www.milkmemo.com

 

 

Milkさんが私の駄文だらけ雑談だらけのこのブログの記事を引用してくださいました。

ありがとうございます。

 

その引用してくださった記事の中で、

情報系でもなければ理系ですらない私がプログラミングをつい最近始めて悩んでいることに対する回答がありましたので引用させていただきます。

 

 

やはり、そこにはセンスが必要なんだよ。 だからといってひねているわけじゃない。そんな彼らのスピードに置いてけぼりにはされるが、コツコツやれば”並”の中では頭一つ飛び出せるかも知れない。 それが大事だ。私の場合は持久力で勝負するしかないんだろうなと思っている。 そういうわけで、プログラミングが出来るというのは、まず綺麗なプログラムを書けるようになること。 もうひとつは、数学や物理のセンスから効率的なアルゴリズムを実装できること。 この2点だと思うなぁ。

プログラミングが出来るって基準は何? - Milkのメモ帳

 

①綺麗さ

②数学的アルゴリズムのセンス

 

わからなくてもやもやしていた自分の胸の中がすっきりしました。

まだブログを始めたてではてなブログさんのルールなんかすらもわからない私ですが、

こういった方がこうやって私の悩みに解決策を見出してくださると手を差し伸べてくださると、ブログを始めてよかったなぁと思います。

 

さて、そういったことも踏まえながら、

プログラミングの勉強もかねてOCJ-PのSilver取得を目指します。

 

他人のコードが読めないという私の苦手を克服する意味でも、シルバーとっちゃいましょうよ!というわけで頑張ります。

 

私には数学的なセンス全くありませんが、代わりといってはなんですが、学生時代留学などを通して学んだ言語能力があります。

 

英語やドイツ語みたいに読み解けるはず。そう信じてます。

Milkさんが仰っているようなスーパープログラマーには到底届きそうにないですが、

自分なりの"プロ"グラマーになりたいです。

 

今はまだ"アマ"グラマーだと思うので。

資格取得=できるというわけではもちろんないのは承知の上ですが、

資格勉強を通じてもっともっとJavaがスキになれば良いなと思います。

 

Milkさん本当にありがとうございます。

今後とも何卒よろしくお願いいたします。