読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野心なき知性

メンヘラエンジニアの戯言

【戻り値】プログラミングをサッカーで例えてみたい【モドリッチ】

java プログラミング サッカー

タイトルまんまです。

今とある学校に通いだして、Javaを基礎から学んでいるところなんですけど、

プログラミング学習者であると同時にサッカーファンでもある私、

 

たとえば戻り値とかきくと、モドリッチ? クロアチア代表、レアルマドリードの?

とか思っちゃうよぎっちゃうんですよね。

 

www.soccer-king.jp

 

いや授業集中しろや笑 って話なんですけど、

オブジェクト指向ってやっぱり解説するの難しくて初心者にとっては壁じゃないですか。

 

だったら、うまくサッカーで例えられやしないかななんて思っちゃうんですよわりと本気で。

 

とあるメソッドにクリスティアーノロナウドからパスがきて戻り値としてモドリッチが返ってくる。

 

これサッカー好きなプログラマー界隈で盛り上がったりしないかななんて笑

 

そもそもプログラミングやってる人でサッカー好き人口ってどんなもんなんだろう。

うまく頑張れば、カプセル化とかもフィールドに選手のスペック作ればいいわけだから、いけそうだし。

 

ポリモーフィズムとか継承がちょっと大変そうかな。

 

でもサッカーにはパスとかがあるから、プログラムの動き、読み解く順番とかをパスにたとえて説明していってもいいかななんて。

 

ちょっと時間があるときにうまい具合にやってみたいななんて思ってます。

というのもちょっとだけではあるんですけどJavaについてわかってきているので。

 

やっぱり学んだらそれを誰かにわかりやすく自分の言葉で伝えることで更に成長するじゃないですか。

いや、大好きなサッカーを無理やりはめ込もうとしているわけでは決してないですよ。

 

でも、よぎるでしょ、戻り値、モドリッチって。